東京の合唱団に所属して自分を鍛える

大学生や社会人がサークル活動を行う目的として趣味のためということも多いですが、自分を成長させることを目標に掲げることもよくあります。東京の合唱団に所属することによって自分を鍛えるという方法にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

調和を重視する視点が身に付く

合唱という活動の性質から獲得できる能力として調和に対する考え方があります。東京の合唱団に所属して合唱の練習をしていると常に調和を意識しなければなりません。パートで練習するという段階では、そのパートのメンバーの中で自分の声が突出してしまうわけにもいかず、弱すぎてしまっても寄与できないでしょう。メンバーに常に合わせるということが声量でも音程でも重要であり、さらには表現力という点でも協調性が必要になります。互いのことを言葉なしに察し合いながら歌うことが求められるのが合唱の特徴です。全体で練習をするとさらにパートというグループとしての意識で全体との調和を考えることになるため、高いレベルで調和を求める考え方が身に付きます。

複雑な人間関係の中で過ごせるようになる

東京の合唱団ではしばしば人間関係が複雑になることがあり、その中でうまく自分の過ごしやすい状況を作って活動に集中できるようになるのも特徴です。人が一人出入りするだけで現場の雰囲気が大きく変わることがよくあります。特別歌唱力のある人が入ってきただけで妬みを持つ人もいれば、実力差に落ち込む人も、人が変わったように練習に励むようになる人もいるでしょう。全くの初審査が入ってくると教育熱心になる人もいれば、レベルの差にストレスを抱えて人間関係を悪くしてしまう人もいるのです。個人としてもプライドを持ち、東京の合唱団としてもプライドを持っているという人が多いため、人の出入りによる人間関係の複雑化は起こりやすく、それに柔軟に対応できるようになるでしょう。

困難に対して頭も身体も使って立ち向かう力が身に付く

合唱を通して個人の能力として磨けるのが困難に立ち向かう力です。合唱をより良いものにするためには個人の能力を引き上げて、東京の合唱団全体の要求に合致させる声を発せられるようにすることが欠かせません。自分の能力が足りていないというときには人に教えを求めることもできますが、最終的には自分で声を出して試行錯誤を行わなければならないでしょう。頭も身体も使って困難に立ち向かっていく力が身に付くのです。苦しい状況を打開することができて、素晴らしい合唱を完成させられると達成感も得られるため、困難に抗うことの魅力も体感することができるでしょう。東京の合唱団に所属すると試行錯誤による問題解決能力が高まると期待することができます。