合唱デビューしたい人の東京の合唱団の選び方

今まで合唱の経験がないけれど趣味として合唱を始めたくなったという人にとって、東京の合唱団選びは難しくなりがちです。社会人や大学生などとして一般の人を募集している東京の合唱団の中からどれを選ぶかで重要なポイントを押さえておきましょう。

まず重要な初心者歓迎の一言

合唱にデビューする人にとって東京の合唱団選びでまず必要になるのが初心者歓迎の宣伝文句です。これがない場合には基本的には経験者を想定しているので入ってもつらいだけになってしまうかもしれません。初心者歓迎と書いてあっても求めているのは経験者ということもよくありますが、少なくともこれから始めて合唱をするという人を受け入れようという意志があるかどうかがわかります。その上でボイストレーナーがしっかりと確保されているか、実際に初心者が所属を希望したことがあるのかといったことを調べてみると良いでしょう。実際に問い合わせをしてみれば明らかになりやすく、初心者指導をしっかりと行ってくれて続けやすい環境が整っているかがわかります。

活動時間と場所や費用の問題

東京の合唱団に所属すると定期的に通って練習をすることになるので活動日と活動時間は自分の都合に合うかどうかを検討しなければなりません。土日しか活動できないというのに平日が主になってしまっている東京の合唱団には所属できないでしょう。練習の参加に関する義務の強さについても聞いてみることが大切です。必死に練習に取り組んでいる東京の合唱団の場合には余程の事情がない限りは休まないのが当然となっていますが、楽しむことを優先している場合には出入りが比較的自由になっています。一方、合唱では場所代やボイストレーナーの人件費、演奏会の実施などで費用がかさみやすいので負担にならない程度の出費で参加できるかどうかもよく調べてから決めることが大切です。

メンバーの年齢層は続けられるかに影響力が大きい

東京の合唱団に入ってすぐの頃は歌唱力を上げなければならないというプレッシャーを感じながらも、人付き合いもうまく行っていかなければならないでしょう。メンバーがどのような人たちかというのは合唱を続けられるかどうかに大きな影響を与えます。一つの基準として年齢層が同じ程度かということを確認してみるのが良いでしょう。ずっと目上の人しかいなかったり、年下ばかりだったりすると段々と居づらい雰囲気になってきてしまうこともよくあります。幅広い年齢層の人が仲良く活動しているならそれも良い候補になるでしょう。良い仲間に恵まれればつらい思いをすることがあっても頑張って合唱に取り組むことができるので、メンバー重視で最後には決定するのが賢明です。